【社説】中国は韓国記者暴行事件をしっかりと捜査せよ

【社説】中国は韓国記者暴行事件をしっかりと捜査せよ

2017年12月29日13時59分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  中国が文在寅(ムン・ジェイン)大統領の訪中期間に起きた韓国記者暴行事件を「適当に」処理しようとする動きを見せて懸念されている。一昨日、韓国政府関係者が伝えた中国の中間捜査結果の内容は大きく3つだ。集団暴行でなく個人による偶発的な暴行、加害者は1人、負傷の程度は重傷(生命に危険な水準)でない軽傷1級(容貌などに後遺症が残る水準)ということだ。我々はこのような中国の捜査内容を納得し難い。

  被害記者は当時、中国警護員10人余りに引きずられ、殴られて倒れ、続いた数回の足蹴りによって大きく負傷した。これが集団暴行でないということに驚かれる。したがって、処罰は足蹴りをした人だけでなく、暴行を振るった警護員、そして、この日の管理責任を担当していた中国公安(警察)にまで拡大してこそ当然だ。負傷の程度も鼻骨骨折に続き、眼窩(目の周囲骨)骨折で現在、味覚と嗅覚の90%以上が失われ、韓国の基準では重傷だ。

  今回の事案の厳重性は単なる暴行にあるわけではない。韓国写真記者協会の声明のように「大韓民国が暴行にあったこと」だ。中国は今回の事態処理に関連して次の5つの措置を取らなければならない。第一に、真相究明だ。どうして韓国記者たちを2度も集団暴行することになったのか徹底して調査しなければならない。第二に、加害者の処罰だ。暴行加担者はもちろん、管理者にまで責任を問わなければならない。第三に、謝罪だ。中国は政府レベルで真の謝罪の意を表わす必要がある。

  第四に、賠償だ。被害者が受けた肉体的、精神的被害に対して賠償しなければならない。第五に、再発防止への約束だ。今後、似たようなことが発生しないことを約束しなければならない。そうしてこそ、韓国は中国が誠意を持って今回の事件を処理したと信じることになるだろう。また、韓国政府は中国が適当に流さないように見守るべきだ。
韓国語で読む
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事