仁川空港に「ソン・ジュンギ機長の体験ゾーン」登場

仁川空港に「ソン・ジュンギ機長の体験ゾーン」登場

2016年07月07日17時13分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
7日午前、仁川(インチョン)空港の出国ロビーにオープンした韓流スターデジタル体験ゾーンで、乗り換え客がバーチャルリアリティ端末を着用して俳優ソン・ジュンギが操縦する航空機に搭乗する体験をしたり、ソン・ジュンギのデジタルマネキンと記念写真を撮影したりして楽しんでいた。
  仁川(インチョン)空港に「韓流スターソン・ジュンギのデジタル体験ゾーン」が7日、登場した。仁川国際空港公社と済州(チェジュ)航空が乗り換え客の誘致のために仁川国際空港の出国ロビー免税区域3階に設けた体験ゾーンには、ホログラム技術で実物と同じ姿のソン・ジュンギが話をしたり動いたりする「デジタルマネキン」、モバイルVR(バーチャルリアリティ)端末を活用して「ソン・ジュンギ機長」が操縦する済州航空の飛行機に乗る経験ができるVR体験ゾーンなどがある。またソン・ジュンギが撮影当時に実際に着用した操縦士の制服もある。

  仁川空港公社はこうした韓流スターマーケティングが、新規の乗り換え需要の誘致に役立つとみている。チョン・イルヨン仁川空港公社社長は「空港の収益を高めるのに役立つ乗り換え客を増やすため最先端ICT(情報通信技術)を活用した文化コンテンツを一層多彩に披露する計画」と話した。

  仁川空港公社はこれと共に、減少する乗り換え客を増やすための「乗り換え増大総合対策」もこの日用意した。今年1~6月の仁川空港乗り換え客は358万7168人で、昨年同期間の374万1626人に比べ15万3000人(4.1%)減少した。

  今年の同期間では国際線全体の旅客数が昨年より13.9%増加(2398万8487人→2732万546人)したのに対し、乗り換え客はむしろ減ったのだ。特に仁川空港の2大乗り換え国である日本と中国でそれぞれ8万2000人、6万7000人が減った。

  公社は大韓航空など国籍航空会社が収益性中心に営業政策を転換しながら非収益路線の供給を減らして仁川空港の出発・到着旅客に集中して乗り換え客が減少したと解説した。

  また日本が羽田の国際線や成田の国内線路線を強化しており、中国も米国などで国際線の直航を拡充するなど新興ハブ空港が競争力を強化している点も乗り換え客が減った要因とみた。公社はこのような分析に基づいて4大乗り換え増大総合対策を立てた。

  ひとまず価格競争力を高めるために核心乗り換え路線を選定して今月1日からこの路線で乗り換え客が増加した航空会社にインセンティブを支給することにした。

  また北米や欧州など30の戦略路線に新規就航・増便する航空会社には入出港費用全体を3年間免除することにした。

  新規供給の創出のためにイタリア・ポルトガル・フランスなど政府間の航空会談協定に参加して週12回の輸送権を追加確保した。

  また公社側は乗り換えに有利な航空便の運営時に優先的にスロット(該当時間に運航できる権利)を配分する「戦略スロット配分制度」も活用することにした。

  合わせて乗り換え客が急激に減少している中国・日本を対象に医療サービス連係商品など特化した乗り換え商品も開発することにした。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事