盧大統領「国民統合約束果たせず」反省

盧大統領「国民統合約束果たせず」反省

2006年06月21日11時55分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領は20日「大統領候補に上がったとき国民統合を約束し、できると信じていたが成果を出せなかった」と述べた。

  盧大統領はこの日、青瓦台(チョンワデ、大統領府)で開かれた低出産、高齢化対策連席会議委員懇談会で「個別の対立事案に対して努力したが、大きな枠で労使和合を果たせず、東西間の対立も統合できなかった」と明らかにした。

  また「韓国経済が指標では悪くないが、市民の生活において多くの困難をきたしている」とし「その中核には不正規職と零細自営業者の問題がある」と述べたと鄭泰浩(チョン・テホ)青瓦台スポークスマンが伝えた。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事