【社説】韓米首脳会談でFTA譲歩を勝ち取るという米国

【社説】韓米首脳会談でFTA譲歩を勝ち取るという米国

2017年11月02日10時44分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  ドナルド・トランプ米国大統領の訪韓を控え、ホワイトハウス高官が「経済が核心議題」とし「両国は韓米自由貿易協定(FTA)に対する懸念解消を含め、本当に公正な貿易環境づくりのために専念するだろう」と明らかにした。北核問題に対しては韓国と歩調を合わせるが、経済利益に関しては譲歩しないことを明言したのだ。

  両国首脳会談でトランプが自動車と鉄鋼分野の貿易不均衡を自ら取り上げ、FTA改正を強く迫る可能性も高まった。

  韓米両国は先月4日、ワシントンで開かれた第2回FTA特別共同委員会で、事実上、改正交渉を開始することで合意した。それでも米国側がFTA改正を改めて強調しているのは、国内の政治的必要性のためだ。昨年、トランプは製造業密集地域の、いわゆる「ラストベルト」の支持を受けて予想外の当選を果たした。「雇用を増やす」ということが核心公約だった以上、来年の中間選挙までに成果を示さなくてはならない。だが、米国に最も重要な北米自由貿易協定(NAFTA)改正交渉はカナダとメキシコの強い反発で順調には進んでいない。このような状況を突破するために、韓米FTA改正を模索し、韓国を強く圧迫するというのが通商専門家の分析だ。

  韓国としてはこれに堂々と対応すればよい。FTAの効果が一部の副作用よりもはるかに大きいという点は両国の通商専門家や産業界も共感している状況だ。このため、ホワイトハウスも当初は「廃棄」という単語を取り出してこっそりと入れた。今後、両国が落ち着いて協議し、問題がある部分を直していけばよい。誠意は示すものの、わざわざ遅らせたり急ぐ必要はない。北核問題をめぐる両国間の同盟がいつになく重要だといっても、これを口実に韓国の国益が一方的に損なわれるようなことがあってはならない。あくまでも政治は政治、経済は経済だ。
韓国語で読む
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事