少女時代テヨン、交通事故騒動の渦中にも新曲PR

少女時代テヨン、交通事故騒動の渦中にも新曲PR

2017年11月30日15時54分
[ⓒ 中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
少女時代テヨンの新曲ティーザーとみられる映像(写真=本人のインスタグラム)
  28日、車両2台を巻き込む玉突き事故を起こした少女時代テヨンが新曲ティーザーとみられる映像を自身のSNSに掲載した。

  30日、テヨンは自身のSNSに短い映像を掲載した。映像の中のテヨンは優しく舞う雪の中で黒のコートを着てカメラを見つめている。

  テヨンは12月のシーズンソングの発表とクリスマスコンサートを控えていて、今回のティーザーを皮切りに本格的な活動に入ることを予告したものとみられる。

  一方、テヨンは28日午後8時ごろ、ソウル鶴洞(ハクトン)駅から硯洞(ノンヒョン)駅方面へ向かう3車線道路の1車線でベンツを運転している時に玉突き事故を起こした。その後、事故の被害者が自身のSNSに「被害者であるタクシー運転手と乗客よりも加害者のテヨンを先に病院に連れていこうとした」という主張のコメントを載せて、救急隊員が「芸能人待遇」を与えたのではないかという疑惑が浮上していた。

  事故現場にいたけん引車の運転手と現場に出動した消防署側が「芸能人に対する特別待遇はなかった」と明らかにする中、警察は近くテヨンを呼んで事故の経緯を聴取する予定だ。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事