野球と政治の衝突…「名古屋の太陽」宣銅烈氏が国政監査の証人に(1)

野球と政治の衝突…「名古屋の太陽」宣銅烈氏が国政監査の証人に(1)

2018年10月12日16時27分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
野球韓国代表の宣銅烈(ソン・ドンヨル)監督(右)が10日午後、国会で開かれた文化体育観光委員会の国政監査で他の証人と共に宣誓している。
  国会本館506号室に10日、最も多くのカメラが集まった。この日、宣銅烈(ソン・ドンヨル)野球韓国代表監督が国政監査の証人として登場した。

  カメラの前の宣監督は不満げな表情だった。選手時代に「無等山(ムドゥンサン)爆撃機」(ヘッテ・タイガーズ時代)、「名古屋の太陽」(中日ドラゴンス時代)、「国宝級投手」と呼ばれた野球界のレジェンドに威容とカリスマは見えなかった。マウンドでは視線を一身に浴びた彼だったが、この日は7人の証人の間に挟まれて座り、議員に命じられた通りに起立して前に出たり、戻って着席したりした。

  宣銅烈監督を国政監査の証人に採択したのは3人だ。まず、金秀ミン(キム・スミン)正しい未来党議員が動いた。国会最年少の32歳の女性、青年比例代表議員だ。数日後、孫恵園(ソン・ヘウォン)民主党議員、趙慶泰(チョ・ギョンテ)自由韓国党議員までが手をあげ、3人が宣監督を証人として申請した。8月のジャカルタ・パレンバン・アジア競技大会を控えての呉智煥(オ・ジファン)選手(LGツインズ)選抜問題のためだった。

  宣監督の証人採択については常任委員会の内部でも意見が分かれた。禹相虎(ウ・サンホ)共に民主党議員は国政監査前の電話で「すでに優勝したし、不正腐敗の人でもなく、大韓民国を代表する野球人だが、祝うどころか政界が非難するのは外国から見れば滑稽に見える」と語った。

  禹議員に続いて金秀ミン議員とも電話をした。まだ30代初めの金議員が「宣銅烈」という名前を聞いたことがあるのかが気になった。

  --宣銅烈という名前を知っているのか。

  「名前は知っています。ただ、その時代に生まれて楽しんだ者ではありません…ただ、ソ・テジ(90年代のアイドル)級という程度と考えました」

  --野球は好きか。

  「大好きという程度ではありませんが、野球場に行ってチキンを食べながら選手ソングを歌うほどです」

  --なのにどういう考えで呼んだのか。

  「私は青年議員です。この国で青年として生きていくうえでいろいろ大変なところがありますが、その中でも核心が公正だと考えます。宣監督が選抜した呉智煥選手が兵役特例を受けることになりましたが、(特例を受けられない)青年と親の世代の相対的剥奪感が大きい。それで兵役義務を終えていない選手を代表に選抜する不透明な慣行について問題を提起し、そのような慣行がなくなればという考えで証人申請しました」

野球と政治の衝突…「名古屋の太陽」宣銅烈氏が国政監査の証人に(2)

【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事