現代・起亜車、トヨタ抜いて米準中型市場で初めて1位

現代・起亜車、トヨタ抜いて米準中型市場で初めて1位

2011年04月11日10時38分
[ⓒ 中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
現代車「新型アバンテ」。
  



  現代・起亜(ヒョンデ・キア)車が1-3月期、米自動車最大販売車級の準中型(コンパクト)市場で1位になった。

  自動車業界によると、現代・起亜車は1-3月の米国準中型車市場で「新型アバンテ」「ソウル」などが人気を集め、計8万1428台を販売した。これは8万1418台を販売したトヨタよりも多い。四半期基準で現代・起亜車が1位になったのは今回が初めて。

  その間、米準中型車市場はトヨタカローラとホンダシビックが年間各30万台以上を販売し、日本企業が主導してきた。実際、09年にはトヨタがカローラを前面に出しながら32万2350台を販売、現代・起亜車は20万8332台で、ホンダ、GMに次ぐ4位だった。

  昨年は起亜車「フォルテ」「ソウル」の販売が前年比で2倍以上増えて現代・起亜車は計26万8128台を販売、1位のトヨタ(28万6446台)に迫った。

  現代・起亜車は市場シェアも09年12.5%、10年15.7%、今年1-3月期16.7%と毎年伸びている。

  

【ホットクリック】

・「大地震は天罰」で非難浴びた石原都知事が4選
・電力不足で日本発の部品難…世界への影響500兆ウォンに
・日本支援で両国間に希望…独島問題で冷や水
・現代・起亜車、トヨタ抜いて米準中型市場で初めて1位
・インドネシア空軍がT-50訓練機導入へ
 
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事