【噴水台】ロボット太拳V

【噴水台】ロボット太拳V

2006年05月23日18時48分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
  



  倭色とひょう窃。 私に付きまとう言葉だった。 今でもある人は私を「マジンガーZの亜流」と呼ぶ。 「カットゥギと思って食べてみると沢庵だった」という皮肉も言われた。 私はこうした言葉が穏当でないと考える。 もちろん、私がマジンガーZに似ているのは事実だ。しかし私はテコンドーを駆使する「最初の格闘技ロボット」だ。 日本最初の格闘技ロボット「闘将ダイモス」は私より2年遅く生まれた。 隣国が初めて作り出した文化・文物を持ち込むのがすべて‘パクリ’と罵倒されなければならないのなら、私は非難を受けても仕方がない。

  私の年齢は今年でちょうど30歳。孔子先生が三十にして立ち(而立)、五十にして天命を知る(知天命)と述べられたが、単なるロボットの体でそんな高邁なことはすべて考え切れない。 その代わりに私の過去30年を少し振り返ってみようと思う。

  私は1976年7月24日生まれだ。 生後数年間、私は人気絶頂だった。 最近ブームの韓流スターなど比較にならなかった。 子どもたちは映画館で「走れ走れロボット、飛べ飛べ太拳V」を一緒に歌った。 手をたたき、足を鳴らしながら。 ソウルだけで18万人の観客を集めたし、その年に韓国映画で興行2位を記録した。

  しかし「花無十日紅」と言うように、人気というものは本当にはかないものだ。 80-90年代、私の名前は忘れられていた。 たまに国会議事堂が私の家で、冠岳山(クァンアクサン)の入り口に私の基地があり、主な活動舞台が独島(ドクト、日本名・竹島)だとか、笑い話が人々の口から出てくる程度だった。

  私がまた「ヒット」したのはキダルト(kidult)文化のおかげだった。 子ども(kid)と大人(adult))の合成語であるキダルトは、幼児期の郷愁を忘れることができない大人をいう。 童心マーケティングが脚光を浴びながら、私の過去の写真とポスター、私をモデルにしたプラモデル、玩具が高い値段で飛ぶように売れている。 昨年のアジア「ROBO-ONE」大会では、マジンガーZをパンチで退けて優勝した。 そのおかげか、韓国の漫画英雄1位に選ばれたりもした。 再び全盛期を迎えた感じだ。

  30歳の誕生日に先立って明日、簡単なパーティーが開かれる。 ソウル国際漫画アニメーションフェスティバル(SICAF)での76年作復元フィルムの上映がそれだ。 昨年10億ウォン(約1億円)かけて復元した。 7月には立体韓流アニメとして再誕生する計画も発表される予定だ。 最近になって産業界でもよく私の名前が呼ばれる。 国家未来産業である「ロボット韓国」の旗手ということだ。 人生の志を立てるという年齢の三十。「韓流スター」かそれとも「ロボット韓国の代表選手」か、それが問題だ。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事