河野太郎新外相「日韓慰安婦合意、着実に履行を」

河野太郎新外相「日韓慰安婦合意、着実に履行を」

2017年08月04日08時46分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  新しく日本外相に就任した河野太郎氏が2015年に韓日両国が締結した「韓日慰安婦合意」を韓国政府が着実に履行するべきだとする従来の立場を守った。

  3日、共同通信などはこの日、河野外相が「日韓慰安婦合意は着実に履行されなければならない」と述べたと伝えた。

  河野外相はまた「米国との同盟を強化する」としながら「韓国、中国、ロシアとの連携も深める計画」と明らかにした。

  河野外相は1993年発表された河野談話の主人公、河野洋平・元官房長官の息子だ。

  河野談話は慰安婦制度の運用に関連して旧日本軍と政府の関与を認めた日本政府次元としては初めての談話だ。

  この談話のため、河野元官房長官は国際的に「良心的な政治家」として知られている反面、日本国内の右翼からは「売国奴」と批判されている。

  この日就任した河野外相も父親譲りの感性を持っており、安倍晋三首相の靖国神社参拝に対して否定的な意見を明らかにするなど、自民党内の代表的なハト派(韓国と中国との関係重視、穏健派)として知られている。

  このために一部では河野外相の就任が韓日慰安婦問題などで行き詰まった韓日関係の改善に向けた転機になるのではないかとの期待が出ている。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事