「大地震は天罰」で非難浴びた石原都知事が4選

「大地震は天罰」で非難浴びた石原都知事が4選

2011年04月11日10時14分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  石原慎太郎東京都知事(78)が10日に行われた第17回統一地方選で4選に成功した。

  この日、東京と北海道、神奈川県など12都道県知事と地方議会の議員が選出された。関心を集めた東京都知事選では、自民党の支援を受けた石原現知事(無所属)が、民主党都議会の支援を受けた渡辺美樹氏(51、無所属)、宮崎県知事を務めた東国原英夫氏(53)らに大差をつけて当選した。

  日本政界の保守右翼勢力を代弁してきた石原知事は「東日本大地震は天罰」と発言して非難を受けたが、強力なリーダーシップを望む東京の市民の支持を背に圧勝した。東京都の公務員を削減し、環境政策を率先して用意するなど、知事としての業績も築いた。作家出身の石原知事は99年4月に初めて東京都知事に選出された後、韓日関係、歴史問題と関しては何度も歪曲発言をしてきた。

  与党・民主党は最大の勝負どころである東京都で敗北したのをはじめ、政党推薦候補の多くが落選した。

【ホットクリック】

・「大地震は天罰」で非難浴びた石原都知事が4選
・電力不足で日本発の部品難…世界への影響500兆ウォンに
・日本支援で両国間に希望…独島問題で冷や水
・現代・起亜車、トヨタ抜いて米準中型市場で初めて1位
・インドネシア空軍がT-50訓練機導入へ
 
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事

関連記事