現代車が輸出もできないLPiハイブリッド車を出した理由(1)

現代車が輸出もできないLPiハイブリッド車を出した理由(1)

2009年07月16日17時29分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
  



  現代(ヒョンデ)自動車が7月8日、国内初のハイブリッド車を出した。 4月のソウルモーターショーで初めて公開した「アバンテLPiハイブリッド」は現代車が3年7カ月間・2508億ウォン(約190億円)を投じて開発した‘世界初’のLPiハイブリッドモデルだ。 開発の過程と未来の市場展望を見てみよう。

  今回公開されたアバンテLPiハイブリッドは燃料費の節約だけでなく、二酸化炭素排出量が99グラム/キロと、LPG燃料車のうち世界で初めて北米排気ガス規制のSULEV(Super Ultra Low Emission Vehicle)を満たしたと、現代車は明らかにした。 ヤン・ウンチョル研究開発総括本部長のこの日のあいさつの言葉からその核心を読み取ることができる。

  「アバンテLPiハイブリッドは先端システムを通じて燃費を改善したほか、低炭素クリーン燃料のLPGを使用し、世界で初めて‘超低排出ガス規制’を満たした環境車だ。 国産ハイブリッド車時代を本格的に開幕した現代自動車の野心作ということだ。 現代自動車はアバンテLPiハイブリッドを通して世界最高水準の低炭素高効率環境車を提供するグローバル環境企業として飛躍するだろう」

  しかし一部からは「なぜ現代車はハイブリッド車をガソリンエンジンでなくLPiエンジンで出したのか」という声も出ている。 現代車はLPiハイブリッド車を出した理由について▽世界最高水準のLPiエンジン技術▽ガソリンに比べてCO2排出量が少ないクリーン燃料▽ガソリンに比べて安いLPG価格▽国家エネルギー需給側面を考慮--の4つを挙げた。

  このうち環境・高効率というハイブリッド自動車本来の目的と重なるのは「CO2排出量が少ないクリーン燃料」だけだ。 さらに最近クリーンディーゼルエンジンの開発と排気ガス後処理技術が発展していることで、LPGがクリーン燃料かという点についても論争がある。

  実際、朴深秀(パク・シムス)高麗(コリョ)大機械工学科教授(韓国自動車工学会副会長)は5日の「国際微塵シンポジウム」で、「粒子状物質(PM)と呼ばれる微塵の排出で、軽油車もクリーン車に分類されるLPG車と大きな差はなかった」と明らかにした。

現代車が輸出もできないLPiハイブリッド車を出した理由(2)




【ホットクリック】

・ ペ・ヨンジュンはどこへ? 
・ 韓国経済の潜在成長率、3%台に下落?
・ 金総書記一代記の記録映画制作へ
・ 牛浦沼のトキ、突風に驚き死亡
・ 米国に韓国人名中学校設立
・ 【コラム】韓国初の衛星搭載ロケット「羅老号」の成功を祈る
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事