日本アニメ実写映画『ゴースト・イン・ザ・シェル』の出演陣が訪韓

日本アニメ実写映画『ゴースト・イン・ザ・シェル』の出演陣が訪韓

2017年03月17日17時01分
[ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
映画『ゴースト・イン・ザ・シェル』のワンシーン
  日本アニメの実写映画『ゴースト・イン・ザ・シェル』の出演陣が訪韓した所感を伝えた。

  17日、グランドインターコンチネンタル・ソウル・パルナスで行われた映画『ゴースト・イン・ザ・シェル』の公式来韓記者会見で、主演俳優らが韓国を初めて訪問した感想を伝えた。

  ピルー・アスベックは「お招きいただきありがとう。一時間半しかない。また韓国に来れることになったら必ず韓国語でご挨拶したい」と語った。

  ジュリエット・ビノシュは「再び韓国に来ることになりうれしい。最後に訪問してからかなり経ったが、韓国に来るたびに歓迎してくださる韓国の方々にお会いするとうれしくなる。フライトに問題があってやや遅れたがご理解をお願いしたい」と明らかにした。

  スカーレット・ヨハンソンは「初めて韓国に訪問することになった。ずっと来たいと思っていたので、うれしく楽しみだ。非常に大きな自負心を感じる作品で韓国に来れることになってうれしさも倍だ。素敵な旅程だったと思う。最終的にお見せできるようになりうれしい」と強調した。

  続いて「皆さんも私たちと同じくらい『ゴースト・イン・ザ・シェル』に関心を持ってほしい」と付け加えた。

  名作アニメ『GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊』のハリウッド実写映画『ゴースト・イン・ザ・シェル』は、エリート特殊部隊を導くリーダーの少佐(スカーレット・ヨハンソン扮)が世界を脅かすテロ組織を追っている間に忘れていた自身の過去と存在に対して疑問を抱きながらも活躍するSFアクションブロックバスターだ。3月29日韓国公開。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事