「中利多売」の空襲…韓国製世界一流商品も揺らぐ(1)

「中利多売」の空襲…韓国製世界一流商品も揺らぐ(1)

2015年01月08日09時04分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  釜山(プサン)に本社を置く銀星社(ウンソンサ)は釣り竿ひとつで世界の太公望の財布を釣った会社だ。一時は世界市場でシェア20%を超えた。釣り人口が多い日本だけで年間2000万ドル以上を売った。だが、この会社はもう輸出をしていない。同社関係者は「単価が30~40%安い中国製に太刀打ちできない」と話した。薄利多売で物を売る中国の「中利多売」による影響は苛酷だ。かつて1300人余りいた同社工場の従業員は120人に減った。

  首根っこを押さえられただけではない。先行きも行き詰まっている。再生用プリンタードラム分野で強者だったペクサンOPCは先進国企業の牽制で業績が急落した。日本のキヤノンが提起した145億ウォン台の特許権侵害禁止訴訟で敗訴し海外営業が萎縮したためだ。わずか5年間で売り上げが半分に落ち込んだ。同社関係者は、「中国企業が低価格の使い捨てカートリッジを大量供給し二重苦に陥っている」と話した。

  世界市場で勢いを見せていた韓国製世界一流商品の地位が揺らいでいる。中央日報が7日に世界一流商品を保有する524社の業績を全数調査したところ、半分を超える284社で売り上げが減ったことがわかった。売り上げは各企業の財務資料を基準とし、2013年1~第3四半期と昨年1~第3四半期を比較した。対象となった世界一流商品は世界市場でシェア5位以内に入る製品のうち技術力と商品性などを評価して産業通商資源部とKOTRAが2001年から指定している。結果的に製造業で“国家代表”の認証を受けた2社に1社はマイナス成長をしたという意味だ。現代経済研究院のパク・テイル常務は、「世界的な景気不振の余波もあるが、世界市場で『メイド・バイ・コリア』の位置付けが揺らいでいるという意味。一流企業でも一瞬にして崖っぷちに追いやられることがあるという警告メッセージだ」と話した。

  国家代表中の代表であるサムスン電子は2000年以降年平均15兆ウォンほど売り上げが増えたが、最近は成長の勢いが止まった。世界トップの造船会社である現代(ヒョンデ)重工業は低価格受注のブーメランを浴び会社創立以降で最大の営業赤字を出した。サムスンディスプレーとLGディスプレーは1兆~4兆ウォン、斗山(トゥサン)インフラコア、ボルボ建設機械は1000億~4000億ウォン売り上げが減少した。

「中利多売」の空襲…韓国製世界一流商品も揺らぐ(2)
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事