<サッカー>宝石探して1万4千キロ…隠密特使シュティーリケ(1)

<サッカー>宝石探して1万4千キロ…隠密特使シュティーリケ(1)

2015年08月04日13時12分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
シュティーリケ監督は代表チームの日程がない時はKリーグをはじめとする韓国国内サッカーを手広く見回る。(写真=プロサッカー連盟)
  「実験サッカー」「実学サッカー」に続き今度は「抜擢サッカー」だ。

  ウリ・シュティーリケ監督(61、ドイツ)率いる韓国サッカー代表チームが2日、中国・武漢で行われた東アジアカップ中国との第1戦に2対0で勝利した。シュティーリケ監督が指名したキム・スンデ(24、浦項)とイ・ジョンホ(23、全羅南道)が並んでゴールを決めた。そこでシュティーリケ監督は「シュ導師」という新しいニックネームを得た。シュ導師が「抜擢した」選手が猛活躍を見せ、「抜擢サッカー」という言葉も出てくる。サッカーファンは「監督をうまく選んだが、監督が選手を選ぶ実力も相当だ」という反応だ。これに先立ちシュティーリケ監督は1月にオーストラリアアジアンカップでは「茶山シュティーリケ先生」と呼ばれた。実利を重視するシュティーリケ監督の戦術スタイルが茶山チョン・ヤクヨン先生の実学精神と一脈通じるという意味だった。

  シュティーリケ監督の招請を受け中国戦に並んで先発出場したキム・スンデとイ・ジョンホはそれぞれAマッチデビュー戦デビューゴールを決めた。韓国サッカー史上Aマッチデビュー戦でゴールを決めた選手は1980年のチェ・スンホから35年間に30人だけだ。シュティーリケ監督は昨年9月に韓国代表チーム監督に就任した。就任から1年もたたずにイ・ジョンヒョプ(24、尚州)とイ・ヨンジェ(24、長崎)に続き、4人目のAマッチデビュー戦で得点を上げる選手を育てた。

  シュ導師の「選択サッカー」は偶然の産物ではない。彼は足が悪いにもかかわらず、隠れた真珠を探すため全国津々浦々を歩き回った。大韓サッカー協会のイ・ジェチョル広報チーム代理は、「監督は現役時代に激しいぶつかり合いとタックルで膝を悪くしている。そのため依然として歩行に不便がある。階段を上がるのが特に大変だ。それでも週末ごとに韓国国内のサッカー試合を見て歩く」と伝えた。

  シュティーリケ監督の点検範囲はKリーグクラシックに限定しない。2部リーグと大学サッカーはもちろん幼少年サッカーまでこまかくチェックする。通訳のイ・ユンギュ氏は、「監督様の歩みはいつも情熱的だ。毎月飛行機で1000キロメートル以上移動する。国際大会参加と休暇時に海外に行ったのを除き7カ月間に車に乗って国内移動した距離は1万4000キロメートルを超える」と伝えた。

  シュティーリケ監督は試合場でVIP席の代わりに一般席を好む。隠密特使のように静かに選手たちを観察するためだ。2部リーグ尚州の攻撃手イ・ジョンヒョプは、「オーストラリアアジアカップ本戦以降も監督が3~4回来たという話を後から球団スタッフに聞いた」と話した。

<サッカー>宝石探して1万4千キロ…隠密特使シュティーリケ(2)
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事