4minute、米人気ラジオ出演…「アジアのビヨンセ」絶賛

4minute、米人気ラジオ出演…「アジアのビヨンセ」絶賛

2015年08月04日11時52分
[ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
ガールズグループ4minuteのメンバーとラジオ番組『Whoolywood Shuffle』のDJフー・キッド(左から3人目)
  グループ4minuteが韓国アーティストとして初めて米人気ラジオ番組に出演した。

  4minuteは先月22日、米国衛星SiriusXMのラジオチャンネルShade45の音楽番組『Whoolywood Shuffle』の録音を極秘に終え、韓国アーティストとして初めて同番組に出演した。4minuteが出演した番組は韓国時間で2日深夜に全米放送され、国内外のファンの関心を集めた。

  同番組はチャネルShade45の看板音楽番組で、現地ヒップホップ音楽ファンから全面的な関心を集めている有名ラジオ番組だ。人気DJで音楽プロデューサーのDJフー・キッド(DJ Whoo Kid)が司会と担当しているこの番組は、これまでエミネムやJay Z、ウィズ・カリファら有名アーティストのほか、俳優トム・ヒドルストン、ライアン・レイノルズなどのビッグスターも出演した大型音楽番組だ。

  4minuteの米国ラジオ番組への出演は、先月広告撮影のために米国に滞留中だった4minuteに現地ラジオ関係者がサプライズ出演をオファーしたことがきっかけだった。米国内のK-POP市場に対する音楽ファンの需要が増えた状況ということで、韓国代表ガールズグループの4minuteの現地訪問に放送関係者も高い関心を示したという。特に、250万のリスナーを抱える該当の衛星ラジオがテレビ番組に劣らない波及力を持っていることから、4minuteのこの日の出演はとりわけ特別なものとなった。

  その後、4minuteはLAの番組スタジオを訪れてDJフー・キッドと対面し、およそ10分のインタビューで4minuteを集中的に取り扱った。同日、DJフー・キッドは4minuteを「K-POPの女王」と紹介し、「カリスマ」をコンセプトにした4minuteの差別化された韓国活動に紹介した。また、『江南(カンナム)スタイル』に登場したヒョナと歌手PSYのコラボレーションについても紹介した。また、これまでの4minuteの活動を背景に、韓国の文化やK-POP現象に対する突っ込んだ話をするなど、意味深い時間を過ごした。

  その後、DJフー・キッドは公式SNSを通じて出演写真を公開して4minuteとの出会いを祝った。ラジオ関係者も「4minuteの音楽とミュージックビデオに見たあと、この美しい5人のメンバーがK-POPを代表するアジアのビヨンセであることを知った」と絶賛したという。このように、米国有名ラジオ番組『Whoolywood Shuffle』に出演するという初めての記録を達成し、アジアを越えてグローバルアーティストとして注目されていている4minuteが、今後どのような音楽とパフォーマンスで世界のファンの心をとらえていくことになるのか、熱い関心を集めている。

  一方、4minuteは、現在、韓国を中心に活発な個別活動を続けているほか、毎週月曜日午後6時K-Starチャンネルを通じて放送されてるリアリティー番組『4minuteのビデオ』に出演している。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事