“為替ショック”が韓国金融市場を強打…問題は物価?

“為替ショック”が韓国金融市場を強打…問題は物価?

2011年09月23日08時54分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  ‘為替ショック’がまた韓国金融市場を強打した。韓国ウォンは22日、前日に比べて対米ドルで29.9ウォン値下がりした1ドル=1179.8ウォンで取引を終えた。この4日間で67ウォンもウォン安ドル高が進んだ。1ドル=1170ウォン台は昨年9月8日以来およそ1年ぶりとなる。

  これを受け、韓国銀行(韓銀)の悩みも深まった。金仲秀(キム・ジュンス)韓銀総裁は22日(現地時間)、米ワシントン韓米経済研究所が主催したフォーラムで、「韓国経済のマクロリスクは大きくない」と強調した。

  金総裁は「韓国のデフォルト(債務不履行)リスクを表すクレジット・デフォルト・スワップ(CDS)プレミアムが最近上昇したが、新興国の平均より低く、外債満期延長率は100%以上にのぼるなど危険の兆候はない」と述べた。これに先立って開かれたワシントン特派員の懇談会でも「ウォン安がずっと続くとは考えにくい」という意見を出した。

  一方、物価管理はさらに難しくなった。8月の消費者物価(前年比上昇率)は当初の韓銀の予想を大きく上回り、3年ぶりに5.3%を記録した。政府は物価が9月以降、安定に向かうと予想したが、ウォン安の影響で当初の予想を大幅に超える見込みだ。政府が昨年出した2011年経済展望によると、韓国ウォンが10%値下がりすれば消費者物価は年間0.8ポイント上がる。

  韓銀の関係者は「今年1-8月の物価上昇率は平均4.5%前後で、管理目標上限の4%をすでに超えた状態」とし「9-12月に物価が安定してこそ目標を達成できるが、事実上難しくなった」と話した。とはいえ、韓銀がすぐに物価重視に急旋回するのも難しいとみられる。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事