「米中葛藤なら南北に最も大きな被害」

「米中葛藤なら南北に最も大きな被害」

2010年07月09日11時10分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
   「西海(ソヘ、黄海)は非常に敏感な海だ。韓国と米国が西海で軍事訓練をすれば、韓半島情勢に有利か不利かをよく考えなければならない。天安(チョンアン)艦問題がきちんと解決されず、米国と中国の間に葛藤が生じれば、南北(韓国・北朝鮮)が真っ先に被害を受けるだろう」。

  中国外務省傘下の中国国際問題研究所(CIIS)の曲星所長(54)は7日、中央日報をはじめとする主要海外メディアの訪問を受けた席でこのように述べた。この研究所は中国の外交安保戦略を研究するシンクタンク。フランス駐在中国大使館公使を経て1月に赴任した曲所長は現職外交官だ。

  韓米が西海で合同軍事訓練を推進していることに関し、曲所長は否定的な立場を明らかにした。曲所長は「今回の軍事訓練は必然的に中国人を敏感にさせる」とし「中国人の反応だけでなく北朝鮮側の反応も考慮しなければならない」と述べた。また「韓米が毎年、軍事訓練をする時、南北関係が緩和されたか、緊張が高まったかを考える必要がある」と付け加えた。

  さらに曲所長は「厳格に言うと西海には公海が存在せず、排他的経済水域(EEZ)がある。EEZを平和的に利用するにしても周辺国のコンセンサスが必要だ」と主張した。米国空母が中国の反対にもかかわらず西海進入を強行した場合の中国の軍事的対応策に関する質問には直答を避けた。

  北朝鮮の金正日(キム・ジョンイル)国防委員長の5月の訪中と関連し、曲所長は「天安(チョンアン)艦問題が議論され、金委員長が天安艦とは関係がないとはっきりと述べた」と確認した。

  曲所長のこの日の発言について、同研究所の韓半島問題専門家は「金委員長が中国指導者に直接そのように述べたという事実にどのような含意があるか注目する必要がある」とし「金委員長が肉声で否認しただけに、いかなる証拠が出てきても、北朝鮮は天安艦事件を認めないはず」と付け加えた。

  金委員長の後継問題に関し、曲所長は「後継者問題は北朝鮮の内政」とし「誰が後継者になろうと、朝中関係を発展させるのが中国にとっては重要だ」と述べた。

  韓国戦争(1950-53年)60周年については、「韓半島で60年前のような戦争が起こるようなことがあってはならない」とし「南北の緊張が緩和され、北朝鮮が改革・開放を通して国際社会に出てきて、韓半島が平和的・自主的に統一されることを願う」と述べた。

【ホットクリック】

・「韓米FTA批准、自動車が争点」
・柳明桓外交通商部長官、石を投げられた日本大使に電話
・日本官房長官「強制徴用個人補償」初示唆
・脱北者「キム・ジョンウンが後継者…昨年初めから住民に伝える」
・中国、「韓米西海訓練に反対」公式発表
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事