韓国で生産終了した鏡月焼酎、日本では全国2位(1)

韓国で生産終了した鏡月焼酎、日本では全国2位(1)

2018年01月29日09時43分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
鏡月焼酎は女優石原さとみを広告モデルに起用してテレビ広告などを展開している。(写真提供=サントリー)
  韓国東部・江原(カンウォン)地域の鏡月焼酎は1973年に施行された「自道酒」購入制度の恩恵を多く受けた。自道酒制度は道別に1社のメーカーだけが焼酎を作ることを許可するもので、地域酒類業者は地域の焼酎を50%以上扱わなくてはならなかった。だが、1996年に同制度の違憲決定が下されて以降、鏡月は国内消費者の記憶から次第に消えていった。3年前には韓国内での販売が中断された。

  だが、鏡月の命脈は切れなかった。日本に渡って華やかに復活した。鏡月は最近、日本焼酎市場全体で日本酒類メーカー「宝焼酎」に次いで販売量2位を記録中だ。日本の市場調査・マーケティング会社「インテージ」が単一ブランド焼酎の昨年1~9月の販売量を調査した結果だ。日本で販売されている韓国の焼酎だけに限ってみると、鏡月は60%以上の市場シェアを誇り圧倒的1位だ。

  このように、韓国市場では苦戦したが、海外の特定国家で旋風的人気を呼んでいる韓国食品と酒類が増加している。

  インドで国民チョコパイと呼ばれている「ロッテチョコパイ」も同様のケースだ。インドで売れているチョコパイのうちロッテの市場シェアは90%で、昨年ロッテ製菓はインドにおけるチョコパイの売上だけで1000億ウォン(約102億円)以上をあげた。韓国チョコパイ市場ではオリオンが1000億ウォン、ロッテが200億ウォンほどの年間売上額を記録している。

  ロシアではパルド(八道)ラーメンがロシア全体ラーメン市場を掌握した。特に、同社のカップラーメン「トシラク」の人気は非常に高く、ロシア人がラーメンという食品を「トシラク」と呼ぶほどだ。現在、一般の袋ラーメンとカップラーメンを合わせたロシア全体のラーメン市場1位はパルドで、特にカップラーメンの市場シェアは60%に達する。韓国市場ではパルドラーメンの市場シェアは4位に過ぎない。

  菓子メーカー「オリオン」のポテトスナック「オー!カムジャ」はポテトチップス以外のポテトスナック類で中国市場シェア1位(2016年)を占めた。韓国ではポカチップなどに押されている状態だが、中国では王者というわけだ。同製品の中国販売量は韓国の6倍以上になる。

韓国で生産終了した鏡月焼酎、日本では全国2位(2)

【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事

追加写真

  • 鏡月焼酎は女優石原さとみを広告モデルに起用してテレビ広告などを展開している。(写真提供=サントリー)
  • インドではロッテチョコパイが市場占有率90%を占めている。(写真提供=ロッテ)