<Mr.ミリタリー>在韓米軍無人機「グレー・イーグル」わだちを追跡して攻撃可能(1)

<Mr.ミリタリー>在韓米軍無人機「グレー・イーグル」わだちを追跡して攻撃可能(1)

2017年03月17日15時35分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
在韓米軍に配備される無人航空機「グレー・イーグル」(MQ-1)。(写真提供=ジェネラル・アトミックス)
  米国防総省が在韓米軍に中高度無人機「グレー・イーグル」(MQ-1C)1個中隊を永久的に配置すると13日に発表し、その用途と目的に関心が集まっている。米国防総省はグレー・イーグルを米空軍基地が位置する群山(クンサン)に配備する予定だと明らかにした。グレー・イーグルの在韓米軍配備が発表されると、真っ先に中国から非難が出てきた。華春瑩中国外交部報道官はこの日、「関連国家が地域の平和と安定を望むなら、ブレーキを踏んで火を消す措置を取らなくてはならない。火の上に油を注ぐ状況ではない」と述べた。グレー・イーグルがどのような性能と用途を持つからといって、北朝鮮よりも中国が緊張するのだろうか。

  グレー・イーグル(Gray Eagle)は米軍の中高度無人機プレデター(Predator:MQ-1)を改良した無人航空機(Unmanned Aircraft System、UAS)だ。全長8メートル、翼幅17メートル、全高2.1メートル、最大離陸重量1.633トンだ。165馬力のディーゼルエンジンが搭載されていて、時速280キロの速度で30時間飛行する。高度7.6キロから400キロの作戦区域を監視、および情報収集を持続的に行うことができる。

  グレー・イーグルは監視偵察任務の他にも、3世代空対地対戦車ミサイルのヘルファイア(Hellfire)4発、または誘導爆弾バイパーストライク(Viper Strike)4発を装着して攻撃任務を遂行することもできる。ヘルファイアは標的を指定した後、発射だけすれば自動で標的を追跡して破壊するミサイルで、射程距離は8キロだ。重さ20キロのバイパーストライク誘導爆弾は衛星利用測位システム(GPS)で誘するため、その正確度は1メートル以内だ。この誘導爆弾は小さいが高速で移動中の自動車も正確に破壊することができる。

  群山に配備されるグレー・イーグルは2005年に開発が始まり、2008~2013年まで2万回の飛行試験および評価過程を経た。ここ数年間はアフガニスタンやイラクなどでIS(イスラム国)を対象に情報収集や精密打撃任務を遂行してきた。

  特に、グレー・イーグルは開口合成レーダー(Synthetic Apeture Radar)と地上移動標的指示装置(Groung Moving Target Indicator)で、自動車のわだちを追跡して敵を捜し出したり、地中に埋めた即席爆発装置(IED)を捜し出すほど精密な探索能力を有している。移動中の車両をヘルファイアミサイルあるいはバイパーストライク誘導爆弾で攻撃して破壊することもできる。

<Mr.ミリタリー>在韓米軍無人機「グレー・イーグル」わだちを追跡して攻撃可能(2)
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事

追加写真

  • 在韓米軍に配備される無人航空機「グレー・イーグル」(MQ-1)。(写真提供=ジェネラル・アトミックス)
  • アパッチヘリコプターに装着されたヘルファイアミサイルを観察している児童(写真=中央フォト)