タイ洞窟 少年4人救助…「奇跡の生還」につながった決め手は

タイ洞窟 少年4人救助…「奇跡の生還」につながった決め手は

2018年07月09日09時41分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  タイ北部の洞窟に閉じ込められていた少年が奇跡の生還を果たした。英BBCによると、タイ当局は8日(現地時間)、チェンライ県タムルアン洞窟に閉じ込められていたサッカーチームの少年12人とコーチ1人のうち少年4人が救出されたと明らかにした。孤立から16日目の生還となった。

  タイ海軍特殊部隊や多国籍救助専門家ら18人で構成された救助チームはまず健康状態の良くない4人の少年を救助した。洞窟の外に一番最初に顔を出した生還者はモンコル・ブンピャム君(14)だった。続いて3人の少年が無事に洞窟から脱出した。少年は洞窟の前に設置された医療キャンプで健康状態の点検を受けた後、救急車で市内の病院に運ばれた。1人は医師の集中治療を受けなければならない状態だという。

  少年は担当救助隊員とロープで繋がれた状態で泥水を泳いで脱出した。洞窟の中は排水作業によって水位がかなり下がって歩行できる区間もあったが1キロは潜水しなければならなかった。空気タンクは担当救助隊員と共有し、少年は長時間潜水しても外れない顔全体を覆うマスク型呼吸器を着用した。一寸先も見えない泥水区間を無事に通過すれば、最後の2キロは歩いて出られる空間だ。4人の少年は全員、最後の区間を自力で歩き、待っていた人々からの歓呼を受けた。

  当初、少年は潜水方法を知らないうえに健康問題もあって潜水脱出は難しいとみられていた。このためタイ当局は洞窟の中の水を取り出す排水作業に集中しながらさまざまな方法を講じた。だが、雨の予報が出たことで当局は潜水脱出を決断した。少年は発見された翌日の3日から救助隊員から水泳方法と潜水装備の使用方法を学んだ。少年自らも潜水脱出に対する意志があった。

  1回目の救助は成功し、一旦現地時間午後9時に打ち切られた。当局は9日午前9時から救助作業を再開する。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事