俳優イ・ビョンホン、ハリウッド映画『荒野の七人』リメーク版に出演

俳優イ・ビョンホン、ハリウッド映画『荒野の七人』リメーク版に出演

2015年05月07日10時14分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
俳優のイ・ビョンホン
  俳優イ・ビョンホンがハリウッド映画『荒野の七人』(原題『The Magnificent Seven』)のリメーク作品に出演する。

  5日(現地時間)、ハリウッド・リポーターなど米国芸能メディアによると、イ・ビョンホンはアントワン・フークア監督が手掛ける同作で、デンゼル・ワシントンやイーサン・ホーク、クリス・プラットなどと共演する予定だ。製作はMGM。

  『荒野の七人』はジョン・スタージェス監督によって1960年に作られた映画で、ユル・ブリンナー、イーライ・ウォラック、スティーブ・マックイーンなど当代のスターが出演していた。略奪に苦しむメキシコの村の人々のために立ち上がった7人のガンマンたちの活躍像を描いている。日本の巨匠・黒沢明監督の1954年作『七人の侍』を米国版として再解釈した作品だ。

  ワシントンは悪党から村を守ろうとする女性に雇われたお尋ね者のガンマン役に決まっている。プレットはマジシャンのギャンブラー役を、ホークは銃の名手である脱営兵役を演じる。イ・ビョンホンは東洋武器「釵(さい)」を操る「ビリー・ロックス」という役で出演する予定だ。

  イ・ビョンホンは『G.I.ジョー』(2009)でハリウッドに進出して『G.I.ジョー バック2リベンジ』(2013)、『REDリターンズ』(2013)、『ターミネーター:新起動/ジェニシス』(7月封切り予定)等に相次いで出演した。最近ではアル・パチーノやアンソニー・ホプキンスらと共演した『Beyond Deceit』(原題)の撮影を終えて帰国した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事