日本政府、外国人参政権法案提出へ(1)

日本政府、外国人参政権法案提出へ(1)

2010年01月13日07時24分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  18日から開かれる国会に提出 被選挙権は与えず

  日本政府が在日同胞に地方参政権を認める法案を国会に提出することにした。その間、一部の国会議員が関連法案を発議するという話が出たことはあったが、政府が動くのは今回が初めて。

  鳩山由紀夫首相と小沢一郎民主党幹事長は11日、政府・民主党首脳会議を行い、今年の通常国会に永住外国人地方参政権法案を提出するようで合意した。

  通常国会は18日に始まり、6カ月間開かれる。鳩山首相は12日、「通常国会に提出し、年内通過を目標にする」と述べたと、朝日新聞が12日報じた。

  ◇北朝鮮国籍者は除外=地方参政権付与の対象となる永住外国人の範囲を、「韓半島出身者」の子孫のうち日本と国交が結ばれた国の国民とする方針だ。

  永住外国人は、植民地時代に移住・徴用などで日本に居住した韓国人1世とその子孫を意味する。対象は60万人の在日同胞のうち40万-50万人。残り10万人余りは、在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)系列など北朝鮮国籍者と永住資格を持たない在日同胞だ。

日本政府、外国人参政権法案提出へ(2)


【ホットクリック】

・ 日本政府、外国人参政権法案提出へ
・ <フィギュア>キム・ヨナ「油断はない」…最後の体力トレーニング
・ 米国「北朝鮮、6カ国協議復帰-非核化が先」
・ 「韓国金融界の国際化は遠い」
・ 黒田氏、今度は「ビビンパ・テロ」とコラム掲載
・ 三星の「オムニア2」、iPhoneに追いついた
韓国語で読む
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事

関連記事