野党のソウル市長候補「慰安婦少女像、韓日関係を害するなら反対」

野党のソウル市長候補「慰安婦少女像、韓日関係を害するなら反対」

2018年06月05日10時25分
[ⓒ 中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
自由韓国党の金文洙(キム・ムンス)ソウル市長候補
  野党・自由韓国党の金文洙(キム・ムンス)ソウル市長候補が慰安婦少女像に反対するという意見を出した。

  金候補は4日、ソウルプレスセンターで外国人記者クラブを相手に会見し、「慰安婦少女像」に関する日本人記者の質問に対し「ずっと(慰安婦)少女像を作ってあちこちに設置するのは、歴史的に勉強するためならよい」とし「しかし韓日関係を害するためのものなら私は(設置に)反対する」と述べた。

  特にソウル日本大使館前の少女像の撤去問題について「私が市長になれば誰が設置したのかをみて、日本大使館側と設置した当事者の対話の場を用意して判断する」とし「両国間の友好関係を前進させる方向で席を用意する」と答えた。

  金候補は「日本との関係を過度に繰り返し悪化させるのは私は望ましくない(と考える)」とし「もちろん過去も忘れてはならないが、あまりにも過去にこだわって生きるのは前に進むうえで困難があるのではと考える」と述べた。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事