現代ロテムが米国に納品した電車で問題見つかる…運行中断

現代ロテムが米国に納品した電車で問題見つかる…運行中断

2016年07月07日13時36分
[ⓒ 中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  現代ロテムが米国に初めて納品した電車で問題が見つかり電車の運行が中断された。

  7日、現代ロテムや外信などによると、米国の南東ペンシルバニア交通局が「シルバーライナーV」電車120車両の運行を今月1日(現地時間)に全面中断した。

  同車両は現代ロテムが2006年に契約を結んだ後、2010年下半期に運行に入ったもので、今回サスペンションシステムに問題が見つかったことが伝えられた。現代ロテムは車両検修過程で問題を見つけ、南東交通局と共に原因の解明を急いでいる。

  現代ロテムは120車両に対して全量調査を実施しており、問題の原因と対策について発注元と協議を進めている。車両保証期間は過ぎたが部品保証期間は残っている状況で、問題の部品は現代ロテムが製作した部品ではなく米国企業から供給されたものであることが分かっている。

  現代ロテム関係者は「毎日車両検修を行う過程で問題を発見し、交通局と該当車両全体を調べている状況」と伝えた。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事