韓経:現代ロテム、動力分散式の高速列車を初供給=韓国

韓経:現代ロテム、動力分散式の高速列車を初供給=韓国

2016年05月23日10時49分
[ⓒ韓国経済新聞/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  現代ロテムが自主開発した動力分散式の高速列車(ヘム)を初めて供給する。KORAIL(韓国鉄道公社)は2020年開通予定の慶全(キョンチョン)線釜山(プサン)の釜田(プジョン)駅~馬山(マサン)複線電鉄の区間に投入される時速250キロ級の動力分散式高速列車30両の納品事業者として現代ロテムを最終選定した。現代ロテムの動力分散式高速列車「ヘム250(EMU-250)」を1両あたり約34億ウォン(約3億1500万円)、計1020億ウォンで納品する条件だ。

  KORAILは早ければ23日に現代ロテムと契約を締結する予定だ。KORAILは昨年11月に動力分散式列車の初入札を行ったが、現代ロテムのほかに入札者がなく、有効競争は成立せずに2度の入札流れとなった。KORAILと現代ロテムは価格差を狭めることができずに難航していたところ終盤の交渉で成功したという。

  現代ロテムは2012年に世界で4番目に動力分散式高速列車の国産化に成功した。これまでの高速列車は一番前と一番後ろに動力装置がついていて前と後から引っ張る方式だった。動力分散式列車は車両ごとに動力装置を設置して空間を節約し加速と減速性の能が優れているという分析だ。

  国内唯一の鉄道車両メーカーである現代ロテムは、動力分散式の高速列車の受注に成功しながら今後はグローバル受注戦にも積極的に参加するという計画だ。今年下半期にはトルコ鉄道庁がアンカラ~スィヴァス、アンカラ~イズミルをつなぐ計1077キロ区間の高速鉄道建設計画を発注する。入札規模は高速鉄道640両で総事業費規模は3兆ウォンに達する。

  年末には総延長324キロのマレーシア・シンガポール高速鉄道の入札が予告されている。総事業費だけで14兆3000億ウォンに達する。動力分散式列車の国内発注も予告されている状態だ。政府は慶全線の受注契約が完了次第、西海(ソヘ、黄海)線〔華城松山(ファソンソンサン)~洪城(ホンソン)〕や中央線〔原州(ウォンジュ)~霊泉(ヨンチョン)~新慶州(シンキョンジュ)〕、中部内陸線〔利川(イチョン)~聞慶(ムンギョン)〕などへの「ヘム250」投入を本格化させる予定だ。また京釜(キョンブ)線と湖南(ホナム)線に時速300キロ級の高速列車である「ヘム300」を供給するための計画も構想中だ。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事