日本、国家信用リスク高まる…“格下げ”のときには韓国経済にも影響

日本、国家信用リスク高まる…“格下げ”のときには韓国経済にも影響

2012年02月06日10時11分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  日本経済に‘危険信号’が出ている。今度は国家信用リスクを表す指標のクレジット・デフォルト・スワップ(CDS)プレミアムが尋常でない。

  5日のブルームバーグによると、日本のCDSプレミアムは3日現在126.93bp(1bp=0.01%)。これはマレーシア(124.81bp)や中国(122.78bp)よりも高い。昨年3月の東日本大地震で逆転した時期を除いて、日本CDSプレミアムがマレーシアと中国のレベルを越えるのは異例。CDSプレミアムが高いということは、日本に対する市場の信頼がそれだけ落ちたことを意味する。

  日本の国家債務は今年末には国内総生産(GDP)の218%にのぼる見込みだ。これは財政危機に苦しむギリシャ(159%)やイタリア(128%)よりもはるかに高い数値。31年間続いた貿易収支の黒字もストップした。大地震による生産支障と記録的な円高による輸出の不振が原因だった。

  国際格付け機関の警告も続いた。スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)は昨年末、日本について「格下げ時点に近づいている」と指摘した。ムーディーズは最近、日本政府が財政赤字縮小目標を守るのは難しいと明らかにすると、「格付けに否定的な影響を及ぼすだろう」と警告した。

  教保証券のソン・サンフン・リサーチセンター長は「日本の格下げは遠くないようだ。韓国の経済成長にも否定的な影響が予想される」と述べた。円安になれば韓国の輸出に影響が出るということだ。

  ◇CDSプレミアム

  クレジット・デフォルト・スワップ(CDS)は債券を発行した国や企業が不渡りになった場合、投資家の損失を補償する金融派生商品。CDSプレミアムはCDSにつく一種の保険料。例えば5年満期の韓国国債CSプレミアムが137bp(1bp=0.01%)なら、これは1000万ドル分の韓国国債の払い戻し保証を受けるために手数料として13万7000ドルを支払わなければならないという意味だ。「信用保険料」であるCDSプレミアムが上がるということは、それだけ国際金融市場が不安定であったり、債券発行国や企業に対する信頼度が落ちることを意味する。ギリシャ(6542.85bp)のように財政が危険な国のCDSプレミアムが高いのはこのため。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事