「機内食問題」アシアナ200人余りが集会…朴三求会長の退陣を要求

「機内食問題」アシアナ200人余りが集会…朴三求会長の退陣を要求

2018年07月09日09時11分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
アシアナ職員が8日、ソウル光化門広場で開かれた「アシアナ航空経営陣糾弾文化祭」に先立ち、亡くなった機内食関連会社の代表に対して黙祷を捧げている。
  「機内食大乱」に関連し、アシアナ航空の職員200人余りが2日間にわたって集会を開き、朴三求(パク・サムグ)会長(73)ら経営陣の退陣を要求した。

  職員は6日に続き8日午後、ソウル光化門(クァンファムン)広場で「アシアナ航空No Meal(ノーミール)事態責任経営陣糾弾文化祭」を開いた。集会開始時刻の午後6時ごろに職員が仮面をつけて集まり始めた。6日の集会にも参加したという乗務員Kさんは「ここに参加したのは機内食問題のためだけではない」とし「今年はアシアナ航空創社30周年だが、その間、変化のない企業文化を見て恥ずかしくて顔を上げられなかった」と話した。参加者は朴会長の名前を数字にして遠回しに表現した「39(サムグ) OUT!」のカードを手にスローガンを叫んだ。河回(ハフェ)仮面をつけた参加者もいた。「乗務員は表面では笑っているが、心では泣いている本音を表現した」というのが主宰側の説明だ。

  今回の文化祭を開催する発端となったのは今月1日に報じられたノーミール事態だ。アシアナ航空は1日、機内食の供給が遅れたせいで航空機80便中51便の出発が遅延し、36便には機内食を積み込むことができなかった。アシアナ経営陣が予定された物量を全て用意することができない中小企業を機内食供給会社に指定したことから機内食大乱を招いたという指摘だ。2日には機内食を納品する2次下請協力企業代表が自ら命を絶った。

  朴会長が4日に記者会見を行って謝罪したものの、事態が落ち着くことはなかった。逆にノーミール事態が始まった1日、朴会長の娘であるセジン氏(40)が関連経歴が皆無にもかかわらず錦湖(クムホ)リゾートの常務に任命された事実が伝えられた。天下り人事という問題提起に、朴会長は「女性も社会生活をしなければならない。あたたかく見てほしい」と述べて事態をさらに深刻化させた。ここに朴会長が中国出張のために乗った飛行機だけに機内食が積み込まれて世論が悪化した。

  地上旅客サービス部で勤務しているという職員のKさん(34)は「本人の娘を常務に座らせるのが何の問題かと言い、あたたかくく見てほしいという不適切な言動をした。大韓民国大企業で常務に上がることがどれほど難しいと思っているのか」と反問した。アシアナ航空職員の夫がいるという40代女性は「子どもに大韓民国の企業オーナーのパワハラがどんなものであるかを見せるために参加した」とし「アシアナを変えなければならないのは私たち大人の役目」と話した。

  「ナッツリターン」の被害当事者であるパク・チャンジン氏(大韓航空職員連帯共同代表)をはじめとする大韓航空職員10人余りもこの日集会に参加した。パク氏は「我々も2カ月前に同じ気持ちでスローガンを叫んだ」としながら「職員がこの場に出て来ざるをえなかった現実に対し、多くの国民も共感していると思う」と明らかにした。乗務員のユニホームを着て参加した大韓航空の職員Kさんは「アシアナ航空の話だが同病相憐の立場で参加した」と話した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事