イバンカ補佐官驚かせた文大統領夫人からのプレゼント

イバンカ補佐官驚かせた文大統領夫人からのプレゼント

2018年02月25日11時04分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  文在寅(ムン・ジェイン)大統領夫人の金正淑(キム・ジョンスク)氏がトランプ米大統領の長女のイバンカ大統領補佐官に直接デザインしたシルクの室内履きをプレゼントした。

  文大統領夫婦は23日、米国平昌冬季五輪代表団団長として訪韓したイバンカ補佐官を青瓦台(チョンワデ、大統領府)に招き夕食をともにした。金氏はこの席でサプライズで準備したシルクの室内履きをプレゼントした。これは室内で靴を脱ぐ韓国の文化になじまないイバンカ補佐官に配慮して金氏が直接作ったものという。

  聯合ニュースは青瓦台関係者の話として、「金氏が直接シルクを選んでデザインまで決めイバンカ補佐官のための室内履きを作った」と伝えた。

  イバンカ補佐官にプレゼントした室内履きは茶色と赤いシルクで作り、金色の糸で花模様の刺繍をあしらった。

  青瓦台常春斎(サンチュンジェ)に入る前に金氏がイバンカ補佐官にあらかじめ準備した室内履きに履き替えることを勧めると、イバンカ補佐官は驚いて感謝の気持ちを示したという。

  夕食後に金氏が「室内履きは気に入りましかた」と尋ねると、イバンカ補佐官は「本当に気に入った。感謝する(I love it. Thank you)」と答えたという。

  青瓦台はこれに先立ち昨年11月にトランプ大統領夫婦が訪韓した時もメラニア夫人向けにかかとの高い室内履きを準備したという。

  青瓦台関係者は「ハイヒールを好むメラニア夫人の好みを考慮し、特にかかとが高い室内履きを準備した」と説明した。

  金氏は前日の歓迎夕食会に続き、この日もイバンカ補佐官一行とともに平昌(ピョンチャン)アルペンシアスキージャンプセンターで平昌冬季五輪スノーボード男子ビッグエア決勝戦を観戦した。

  
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事