「F-15にステルス処理すればF-35より火力強い機種に」(1)

「F-15にステルス処理すればF-35より火力強い機種に」(1)

2011年10月26日17時45分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
ボーイング社のハワード・ベリー副社長
  ◇ボーイング社のハワード・ベリー副社長

  ボーイング社が韓国に提案する商品は、従来のF-15をステルス化するF-15SE(サイレントイーグル)だ。 しかし試作品はまだない。 インタビューには在韓米空軍中将出身のジェフリー・コーラー首席副社長とハワード・ベリー・セールス担当ボーイング社副社長が応じた。

  --SEはステルス機能が弱い。 F-35と競争になるのか。 前面の反射を減らしても後面はそのままなのでステルスとするのは難しい。

  「SEは従来のF-15の表面をステルス化し、レーダー反射面積を減らした。 詳しくは話せないが、いくつか向上したステルス機能を追加した」

  --公開された具体的な開発日程もない。

  「試験飛行が予定されている。 F-35は4000回ほどの試験飛行が残っている。 予定通りでも2018年になってこそ米軍に初期配置される。 その過程で開発に伴うリスク要因はあるが、SEは従来の戦闘機を改良するためリスクははるかに小さい」

  --しかしステルス技術が適用されたSEはない。

  「現在飛行中のものはない。 しかしF-18スーパーホーネットにはステルス技術が適用されている。 ボーイングには蓄積されたステルス技術がある。 米政府の秘密プログラムに適用した。 私たちはバランスが取れたステルス機を考えている。 ライバル社はステルスのために他の機能を犠牲にしたが、私たちは武装量、速度などを総合的に考慮し、適切なステルス機能を備えることにする。 戦争初日に制空権を掌握すれば、翌日からは武装を増やす必要がある。 SEにはそのような機能が組み合わされている」

「F-15にステルス処理すればF-35より火力強い機種に」(2)

「韓国用F-35ソフトウェア開発、6割ほど進捗」
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事